今では主流となっている一円玉ですが、以前は1円札であり、今では目にする機会はほとんどありません。しかし、古銭コレクターにより保持、保管されており、今でも製造された年にもよりますが、高額にて取り引きが行われる可能性もあります。 現在の金銭を製造する日本銀行から製造された1円札は広く流通していることから、売買されたとしても高額にはなり得ません。しかし、日本銀行が出来る以前の一円のお札である、明治通宝、旧国立銀行、新国立銀行、更には改造紙幣一円はほとんど流通しておらず、これらはコレクター価値が高いことから、高額にて取り引きが行われることもあります。 古銭は製造された年代が重要となります。ただ古いというものが高額ではありません。製造された年の製造状態なども配慮されます。更には保管状態も決め手となり、少しでも傷や汚れがあると愕然と低価格となります。一円札は多くの人リサイクルショップや古銭取り扱い店において取り引きが行われています。高額にて取り引きが行われてるのは、状態のよいものであることは言うまでもありません。特に、製造時間の短かった旧国立銀行の一円札は、状態がよいものである場合は20万円前後にて取り引きが行われる可能性もあります。状態が悪い物であっても、価値は非常に高いことから、コレクターたちから高い注目を集めている、日本の古銭コレクターであれば、1円札は年代別に是非とも手にしておきたい古銭とも言えます。